セルフケア

首こり解消に効果的なストレッチ

肩こり・首こり

首こりの改善ストレッチ

首こりは、めまい、頭痛、慢性的な肩こりなど、様々な症状を引き起こす原因になります。

こり改善によいとされるストレッチをご紹介しますので、まずはしっかりと行ってみてください。

体を構成している筋肉は、柔軟性がありますが、同じ姿勢を取り続けると、こわばってしまいます。

筋肉がこわばってしまうと、首こりはなおらない、むくみが発生する、体全体がサイズアップするなど、よいことは一つもありません。

柔軟な筋肉を維持する為には、適宜こわばった筋肉を伸ばしてあげることが大切です。

無理のないストレッチを継続して行い、筋肉の柔軟性を保つようにしましょう。

首こりのための経絡リンパマッサージ

1.首の後方部分のストレッチ

1 顔を正面にしてまっすぐ立ち、胸をはって背筋を伸ばします。
2 息を吐きながら、ゆっくり顔を前に倒します。
(首の後側の筋肉が伸びることを意識しながら行ってください。)

首の後方部分のストレッチ

3 首の後ろの筋肉が伸ばされている事を感じながら、ストレッチされた状態をキープしてください。

4 息を吸いながら、ゆっくりと元に戻します。
首の後ろの伸ばした筋肉に意識をあわせて、元に戻る感じをイメージしながら行うのが効果的です。

またあご先を喉につけるようなイメージで、顎を大きく上下に動かすように心がけて行うと、より効果的です。

2.肩甲骨周辺のストレッチ

1 姿勢を正して、真っ直ぐに立ちます。
2 肘を伸ばし、手を後ろで組み、肩甲骨を背骨に寄せて、10秒キープします。

肩甲骨周辺のストレッチ

3 10秒キープしたら、ゆっくりと元に戻します。

デスクワークや家事、育児で凝り固まった肩甲骨周りの筋肉をゆるめるストレッチです。

慣れてきたら少し腕を後方にあげていきましょう。体の前の筋肉が伸ばされ、猫背の予防になります。

3.首の側面のストレッチ

1 背中で腕を組んで立ち、顔を横に向けます。
2 そのまま頭部を後ろに倒すようにして、首の側面を伸ばし、10秒間キープする。

首こりに効く、首側面のストレッチ

3 その後、ゆっくりと元に戻します。
4 反対側も同様に行います。

このストレッチで伸ばされる胸鎖乳突筋は、首を維持するのに使われる筋肉で、眼精疲労でもこわばりますから、現代人はとてもこりやすい筋肉です。

まめにストレッチすることで、首こりを軽減することができますので、頑張って行ってみてください。

首こりのための経絡リンパマッサージ